mana&leiぷらす5にゃん

janimana.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

レイレイ、はさまる!

しんみりした話のまま、放置するのもなんなので。。。

先日のこと、散歩中、ちょっと油断した隙にレイレイがつる状の雑草をむしって食べた!
コラーッ!と、叱って引き離したものの、むしゃむしゃ状態。
その後すぐ、両手で自分の口元をかきむしり、何かを吐こうとする仕草を連発し始めたのです。

ひぇ〜っ!となって、口の中を見ても何も見つからず、なんかノドにひっかけたのかな?と。
それでも、本犬、至って元気で、ガンガン歩く。
ボール遊びもやる気満々ながらも、時々気がふれたように何度も吐こうとする。。。
すぐ病院に連れて行った方がいいだろうと、時計を見ると、もう病院閉まってるし。。。

最悪、夜間救急に走るか、と、帰宅。普通にご飯もガシガシ食べる。
爆睡し始めたし、大丈夫かなと、とりあえずその夜は過ぎたのでした。

だがしかし、朝になって、また口元ワシワシかきむしり、吐き気モード。
なんか、ヒトで例えると、ノドに鯛の骨なんかが引っかかっているような感じかなぁと、
病院へ向かいました。

レントゲン、CT、果てはノドの切開手術か?!と、いろんなことを想定しつつ、
ドキドキしながら撮っていた動画を先生に見せてみたところ。。。
「これは、なんか口の中にあるはずやなぁ」と、VTさんとともに口をパカッと開けて点検。
しばし、口の中を見ていただいていると、「あった〜!ペンチ!」と、先生。

レイレイの口の中からペンチで抜かれてでてきたものは、
直径5ミリほど、長さ5〜6センチほどの植物の茎でした〜。

両側の歯にぴっちり挟まり、ブリッジ状に上顎に渡されていた模様。
茎の色が、上顎の皮膚の色と保護色状態になっていて、ぱっと見ただけではわかんなかったみたい。
診察室で、みんなで大笑いと相成りました〜。

ほんまにっ!人騒がせな奴!
e0048566_13292348.jpg


でもま、たいしたことじゃなくて、よかったっす。
病院から笑って帰れるのは、なによりなにより。

いつまでたっても、アホアホなことこのうえない、レイレイのはさまり事件でした〜。
by jani-mana | 2013-08-03 13:42