mana&leiぷらす5にゃん

janimana.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

プライベートセッション

ということで、連チャン名古屋詣で。
クルマなんで、時間が読みにくく早めに出たら、1時間も早くセッション会場へ到着。
会場となったドッグラン&カフェのスタッフの方に散歩コースを教えていただき、
クルマ疲れを癒すためにも、付近をプラプラとお散歩しつつ、時間をつぶしておりました。
中へ入れるには、ワサワサしすぎてご迷惑なので、散歩後はしばし車中で休憩。

そうこうしているうちに、いよいよ、セッションに突入です。
間近でお会いするMasumiさん。さすがのオーラ。恐縮&緊張しつつ、ドッグランへ。
カラーが合ってないということで、交換していただき、
Masumiさんがちょっとリードを持ってハンドリング。
あらら、最初ワサワサだったレイレイが、ピシッとモードに変貌です。

協力していただいたわんこたちへの吠えかかりもチョイチョイでなくなり、
拾い食いへの対処、大好きなボールへの誘惑も難なくクリア。
チョンとコレクションで、冷静に低めのトーンで「NO」。
とにかく、うるさいくらい、こまめに、NOなことをNOと伝え続けるのが大事とのこと。

場の空気を読み、人を見るレイレイ。
完全にいつもの訓練所モードで、本性な部分を見せてくれず、うむむ。

だがしかし、最後にカフェでお茶する練習?な感じで、コーヒーを飲んでいると、
伏せていたレイの横にあったバリケンの中にいたフレブルさんに気づき、
一瞬で大興奮、悪霊取り付きモードに!!
フレブルさん、ビックリしたでしょ。ごめんなさいです。

コレコレ。コレなんです!
セミナーで教えていただいた、ゼロからマックスへ一瞬で到達する興奮モード。
あらら、ハイハイという感じで、サクッと悪霊払いの方法を伝授していただきました。
コツと力加減と、周りの眼が気になるところですが、うまく取り入れて行ければと思います。

最後バタバタで、なし崩し的に終わってしまい、次のセッションが始まってしまい。
キチンとご挨拶できなかったのが心残りです。
Masumiさん、スタッフの皆様、見守ってくださったアカデミーの皆様、会場スタッフの皆様、
ありがとうございました!

要するに、興奮症ながらやれば出来る子なのよね。レイ君は。
アタシのハンドリング、レイの興奮の種火を消しまくるハンドリングが最重要課題。
早速、今日のお散歩からというか、家での対応から、初めてみようと思っている次第です。
一朝一夕にはいかないだろうけど、まだまだ長い犬生。
どこへでも一緒に行ける、朗らかで穏やかなイヌへの道を目指さなくては。

とにもかくにも、普通に散歩が出来るようにならないと、アタシが次のステップへ行けないし。
まずは仕事、そして、じゃにすがくれたいっぱいのプレゼントへの恩返し。
やりたいこと、やってみたいことは盛りだくさんにあるのだから。。。


そんな思いを抱えた帰り道、もう風が強くて強くて、めっちゃクルマの運転怖かったっす。
おんぼろ傷だらけだけど大好きなアタシの愛車君は、フラフラ風に持ってかれまくり。
思わずハンドル握る腕に力を入れ続け、またもや完全に筋肉痛。。。トホホです。
さすがに、2日連続日帰り名古屋は応えましたです。グッタリ〜。
だけど、とっても有意義な時間を過ごせました!!

manaだけだったら出会えなかった人たちや、知ることのなかったことの数々。
ま、いろいろ後悔したりもしたけれど、leiが来てくれたからこそのいろいろを
楽しみながら、日々精進して行こうと思います。頑張るぞぉ!

またもや写真ないのもなんなんで(この名古屋二日間、まったく写真とってませーん笑)、
e0048566_12461485.jpg

留守番ばっかで、たいくつの極みのmana嬢。

そして、
e0048566_12483991.jpg

笑顔だけは絶品なレイ君でしたー。

あー、とにかく頑張る!
# by jani-mana | 2013-05-08 12:52

最後の望みをかけて。。。

というと、たいそうですが。
訓練所の先生には、完璧に応えるレイレイ。
だがしかし、家ではもうなんだか訳分かんないまま。

ということは、アタシが悪いのよね。というのが結論。
もちろん、レイにも問題はあるんだろうけど、アタシが彼の興奮症をうまくハンドリングできれば、
かなり改善されるはずなのです。

レイの問題行動やアタシの悩みをググると、必ずヒットするのが<tough love>というMasumiさんのサイト及び、彼女のセッションを受けた方のブログたち。
メルマガを読み、Masumiさんのブログをさかのぼって拝読し、これはこの方の教えをもっと受けたいと、熱烈に思っていたところ、GWに日本へ来られるとのこと。
勇気を出して、名古屋のセミナーとセッションを申し込んだのでした。それが、この6日と7日。

セミナーは動画などを使って、本当に分かりやすくイヌの心理を教えてくださいました。
トレーニングとは、犬に頭を使わせること。何がYESで、何がNOかを分かりやすく伝えること。
そして、すべての問題行動の原因は興奮から起こっているということ。
その興奮の火種を素早く見つけて、犬の行動を素早く読んで、我を忘れる前に、
NOの合図を的確に伝えることで、犬の心理を穏やかな状態へ導いてあげるということ。

何となく頭では分かっているつもりでも、具体的にかつ噛み砕いた言葉で、時には笑いも交えつつ、解説してもらうと、グングンとしみ込んでくる感じで、あっという間の4時間でした。
休憩の時に、喫煙室でLAまで彼女の教えを受けに行ってこられた方々との会話も思わず、
耳を傾けてしまう面白さ。盗み聞きしてたわけじゃないんですが〜。聞こえて来ちゃったもので。。

これは便利!な、おみやげまでいただき、ドネーションのお礼にと可愛いエコバックまで。
見るたびに、Masumiさんの言葉を思い出して、これから精進して行こうと思うのでした。

しかしまぁ、GWの最終日だったので、名古屋も新大阪もえらい混雑ぶりでクラクラしましたです。
元々、移動が大嫌い。特に電車系。クルマだと苦にならないんだけど。
かなり長い留守番になったので、ダッシュで帰途につきました。
ツレアイが仕事だったんだけど、早めに帰って来てくれて、助かりました。
お利口にお留守番が出来ていたようで、なにより!

翌日はレイ連れで名古屋へ。いよいよプライベートセッション。
どうなることやら、と思いつつ、期待に胸を膨らませるのでした〜。

写真ないのもなんなんで。。。
e0048566_1062664.jpg

まだ鼻黒だったレイくんを。笑顔は絶品なんだけど、興奮度合いが増して来た頃かな?
# by jani-mana | 2013-05-08 10:08

今年のGWは。。。

5月ならではの晴れ晴れとしたお天気に恵まれた、今年のGW。
なんだか、いつもより、かなりドタバタとしておりました。もうなんだかクタクタ~。
自分の体力のなさを実感する結果と相成った訳であります。とほほ。

ワッカちゃんが病み上がりというか、闘病中な感じな中、ツレアイの東京事務所の引っ越し。
家を人間だけが空けるというのは、なかなか厳しい我が家。
manaは、コタ&コユキ家へご迷惑ながらお預かり願い、leiはもうどーしようもないので、
訓練所に預かってもらい、ネコたちはてんこ盛りのご飯とお水、キレイなトイレを用意し、
弾丸1泊2日で東京へ。

ちょこっと、馴染みのお店で晩ご飯がてら飲んじゃって、移動疲れに二日酔いも加わる中、
どたばた引っ越し。スペースを半分にしたから、荷物を運び込むだけでも大変でした。
予想以上に時間はかかったものの、なんとかかんとか先が見える感じで終了。
夜の11時頃に、こっちへ帰って来て、そのままmanaを迎えに行ってバタンキュー、コテン。
翌日はフラフラの筋肉痛のなんだかよく分かんない状況でございました。とほほ〜。

manaはコタ&コユキ家で、上げ膳据え膳なうえ、ウキウキお出かけ散歩に連れて行っていただき、
とーーーっても満足して帰って来ました。
コタ&コユキ家のみなさま方、ほんとうにありがとうございました!!!感謝!!!
一方、レイレイは訓練所で合宿生活の2泊3日。ヘトヘトに疲れて、やつれておりました。。。
スマン、レイレイ!
そのかわり、オカンとふたりでのスペシャルなお出かけが待っているからね!
ということで、GWのラストを飾る、レイレイの、というか、アタシの訓練が待っていたのでした!

e0048566_919683.jpg

ヘトヘトにお疲れのレイレイ。おとなしくてよろしい!笑
# by jani-mana | 2013-05-08 09:20

ワッカ、無事帰宅

4泊5日の入院を耐え、ワッカ、無事本日帰宅いたしました!
心配していた腎臓の数値は、見事にすべて正常値に戻っておりました!
先生、ほんとうにありがとうございます!感謝です!!

いやー、ここまで見事に戻るとは。ほんとうに、ほんとうにうれしかったです。
クレアチニンが3.5を超えていたので、かなりビビっていたのですが、
1.1まで下がり、マジでほっとして、涙してしまいました。
ワッカ、えらいっ!先生、ありがとうございます!
もう、この二言に尽きます。
不可逆的な腎臓だけに、慢性に移行しなかったことに、心から安堵いたしましたです。

ま、病理の結果がまだだし、腎臓も何かを引き金に慢性に移行しかねないので、
楽観視はできないものの、ま、今日だけは一安心とうことで。。。

エリカラよりは、マシかな?ということで、頼んでみた術後着。
2日に抜糸だから、ほんの少しの間だけど、ま、可愛いしエエか〜と。笑。
本猫は、たぶんやや不満だろうけど、エリカラしてるときよりは、くつろげているよう。
e0048566_21394072.jpg


甘えたモード炸裂で、ゴロゴロいうてくれるワッカが手元に戻って来てくれて、
ほんとうにほんとうにうれしいです。
ひとり足りないと、めっちゃ足りない感じで、心が壊れそうでした。
ちっこいけれど、存在感特大のワッカちゃん。
とにもかくにも、今日だけは一安心ということで。
感謝の気持ちで、いっぱいです。ほんとうにありがとうございます!
# by jani-mana | 2013-04-30 21:57

ワッカ、緊急入院

ワッカの術後の調子が今ひとつで。。。
どーも、全然食べてなさそう。KY男子組が、狂喜乱舞でガッつく缶詰にも興味を示さず。。。

眼には力が感じられるものの、今朝ツレアイが、なんだか震えてると言うので、
速攻病院へ行くと、腎臓の数値が跳ね上がっていました。。。涙。。。

たぶん、脱水による急性腎不全なんだろうな、と。
いつもおおらかな先生もかなりシビアな感じになり、点滴のため緊急入院となりました。

なんだか。。。マジで怖い。
温存療法でいった方が、よかったんじゃないか。。。
いや、でも。。。
もう、いや!なんだか。気持ちが行ったり来たりでつらいです。
ワッカが一番つらいのだけど。

数年後に、あのとき大変だったよね、と、笑えるように。
元気なワッカが戻ってくるように。
心から祈るのみです。
# by jani-mana | 2013-04-26 21:51

ワッカ、無事退院。

1泊2日の入院を経て、昨日午前にワッカ姫、無事退院いたしました。
手術は成功とのこと。あとは、病理検査の結果を待って、今後の治療方針を決めねば。。。

気丈なワッカだけれど、やっぱかなり弱っております。
エリカラなんて、保護した時に目を掻くのを辞めさせるためにされて以来。
あっちゃこっちゃにぶつかりつつも、健気にトイレに行き、
ふらふらと寝場所を探して、ひたすらじっと耐えております。涙。

ワッカ用に3階に用意した水やご飯を、KY男子猫どもが飲んだり食べたりするので、
ワッカがご飯を食べているのかが、やや不安。
エリカラが濡れてたりするので、水は飲んでるみたいだけど。
まだ、傷はしっかりラッピングされているので、確認していないけれど、
かなりの手術跡になっている模様。これまた涙。

昨日、マナレイの散歩から帰って来て、3階にワッカの様子を見に行ったら、いない!
焦って探すと、2階のマナレイベッドに横たわっていて、びっくりしました。
あの身体で、階段降りて、レイレイ防止柵を乗り越えるなんて!
さすが、ワッカです。が、レイレイがややこしいので、すぐに3階に運びましたが。

今更後悔してもしかたないけれど、なんだか痛々しすぎてつらいです。
でもやっぱり、手術するなら早いに越したことないし、よかったのだとも思います。

病理の結果が怖いけれど、どんな結果が出ても、最善を尽くそうとツレアイと誓いましたです。
ワッカ、病気に負けるな!ゆっくりじっくりしっかり、回復して行こうね。

e0048566_12301317.jpg

# by jani-mana | 2013-04-24 12:32

ワッカ、ごめんね。。。

ウチの可愛い可愛い、黒猫ワッカが、乳腺腫瘍になってしまいました。

ワッカ、ボー、シャイの三兄弟は、まだ目も開ききらない芋虫みたいな頃に捨てられていた子。
出会いは、じゃにすの点滴で毎日通っていた獣医さんとウチとの間にある公園。
ピャーピャーという、何とも言えない声にじゃにすが反応し、その先には段ボールが。
開けてみると、小さな小さな命がみっつ、一生懸命に生きようと泣いていたのでした。

慌てて連れ帰り、獣医にも行き、ミルクを手配して、3時間おきの授乳と排泄を
ツレアイと交代で繰り返し、なんとか無事育ってくれて、この6月で早13年。
チマチマはありつつも、三兄弟ともにおおむね元気で今まで来てくれていました。

おとといの夜、何気にオナカを触ってみると、コロッとした固まりが手に触れて、
震えてしまいました。これは、えらいこっちゃと。

翌日、朝イチで病院へ駆け込み診察してもらうと、九分九厘、悪性の乳腺腫瘍でしょうとのこと。
覚悟はしていたものの、目の前が真っ暗になりました。
第一選択は、乳腺全摘の手術。血液検査はオールクリア、レントゲンでも肺へ転移は見られず、
月曜日に手術をしてもらうことになりました。

ちょうど去勢、避妊手術の適齢期に、じゃにのことで、心に余裕がなく、
健康なのにオナカを切るという手術にも抵抗が当時はあり、
男子チームは去勢手術をしたものの、唯一の女の子ワッカは、手術をしそびれたまま、
今まで来てしまっていました。
大切なワッカを、病気にしてしまったのは、アタシの責任です。ごめんね。ワッカ。
あの頃、もう少し意識が高ければ、もう少し猫のことをしっかり勉強していれば、
ワッカはこんなことになっていなかったかと思うと、後悔しても仕切れません。

2.9kgしかない小さなワッカに、乳腺全摘という大きな手術をさせてしまうことに、
あの夜からずっと心が痛いです。怖いです。悲しいです。申し訳ないです。
反面、しっかりしなくては、とも、もちろん思っています。
最良の治療とケアを模索して、彼女が美味しく、楽しく、心穏やかに生涯を全う出来るように、
心を配らなくてはと、思っています。

e0048566_19383865.jpg

三兄弟の中ではもちろん、ウチのネコチームの女王様、ワッカ。
きっと、手術は成功するよ。当日はもちろん、術後はしばらくつらいだろうけれど、
しっかりサポートするからね。しっかり復活しようね。

今も全然普通に元気で、快食快眠快便でマイペースに暮らしているのになぁ。
そんな大きな手術をしなくちゃいけないのか。
ほんとうに、正しい選択なのか。
思いはあっちへこっちへと揺れるのだけど。
いろいろ勉強してみると、やはり手術を選択するのがベターなのだと。
先生を信じて、免疫アップをしっかり心がけて、大切な大切なワッカを守りたいと思います。
どうか、手術が成功しますように。どうか、できれば良性腫瘍でありますように。
悪性であっても、転移していませんように。もうただただ、祈る思いです。
# by jani-mana | 2013-04-20 20:11

今年の桜とともに〜

なんだか、もう4月って。。。びっくり。。。
ほんと、年々、月日が過ぎ行く加速度が増しているなぁ。こわっ!

今年は、桜も駆け足って感じですっかり満開。
昨日の夕暮れ散歩、たわわに咲き誇る桜とともに。。。
e0048566_21371465.jpg


manaがまぶしそー。ほんと黒ラブって写真撮るのむずかしいなぁ〜。
もっともっと、可愛いのにねー、mana。親バカっす〜。
レイレイは、ほんとフォトジェニックねー。これまた親バカ。わはは。
# by jani-mana | 2013-04-02 21:41

うむ、ここに至って。。。

基本、マナもレイも健康なんだけど。

マナはシッコのphが高いまま維持されていて、これがまたやっかい。
ずっと、ピュアなクランベリーサプリを飲ませているんだけどなぁ。下がらんなぁ。
あげくに、ここに至って、問題児ながら健康優良児のレイレイが、てんかん発作。

マナとレイはおかげさまで、なんの憂いもなく育って来てくれている訳なのだけど、
やっぱりチマチマはあるのだなぁと。

じゃにすのことがあったので、初めての動物病院の時(まだ生後2ヶ月とかで)に、
血検してもらったマナ&レイ。ちょいと、異常な飼い主かもしれないけれど、
せずにはおれなかったのです。ま、問題なかったんですけどね〜。

未だに、毎年2回の血検は、マナは若干肝臓の数値が高めなだけで、後はオールクリア。
でもでも。。。なんか、やっぱし、神経質気味になってしまう自分。いかんなぁ。

予防こそすべて。早期発見こそすべて。
そんな思いで、こやつらの健康管理をしているつもりなんだけど、自信が揺らぐ今日この頃。
レイレイの発作ショックに、まだ動揺しております。いかんなぁ。


昨日は、江戸帰りのツレアイを駅まで迎えに行き、かつてのホームグラウンドにお散歩へ寄ったら、
愛しのジッピーに絶妙なタイミングで会えたのだーーーー!!

かつての散歩時間より早めだったので、着いたらmailでもしよーかなーと思っていたのだけど、
駐車場の出入り口で、まさかの遭遇!
後ろの左足をちょいと痛めているジッピー。
パパ&ママの献身的な治療&介護の結果、だいぶ、調子も良くなっているみたいで、
いつものようにピカピカ、キラキラな彼女は、光り輝いておりました。

マナはもう大興奮で、うれし過ぎるあまりに、ひたすら飛び跳ねておりました。
レイレイは相も変わらずKY状態。わはは。
ちょいと悩んでいたことも、すっかり吹き飛び、うれし楽しい時間を過ごせました。
ありがとうございます!

ま、悩んでいても仕方ないし、立ち止まっていても仕方ないし。
いろいろ停滞気味なアタシゆえ、考えすぎる傾向がヤバいのだなと思った次第です。
更年期なのかなぁ〜。ま、そーゆーことにしておこうかなぁ〜。わはは〜。

更年期と言えば、現ホームグラウンドの公園でひと揉めありまして。
理不尽なことには、徹底抗戦するのは若い頃からなので、更年期は関係ないんだろうけど。
長くなるので、明日にでもまた書いておこうかと思います。ことの顛末を。
世の中、めんどくさいこと多すぎるなぁ〜。というのが、本音。

そーゆー意味では、マナ&レイ、そして5にゃんたちとの生活は、
めんどくさいのも楽しく癒されるのだけど。人間てなぁ〜と、思う今日この頃です。

e0048566_185863.jpg

ウチの美男なふたり、ボー&シャイ。しかし、ふたりで膝の取り合いは重たいのです。
愛しい重さなのだけど。
# by jani-mana | 2013-03-26 01:15

レイ君 てんかん発作を起こす。。。

またずいぶんと、放置。
雪遊びの記事も書かぬまま、すっかり春になってしまいました。。。

今日はちょいと記録という意味で、書いておこうと思います。

今朝、ツレアイが江戸へ行っていたため、リビングのソファでごろんとみんなで寝ていたら、
急にレイが黒猫ワッカを追いかけ出した。
「はいはい、もう負けるねんからやめときやー」と思っていたら、バタバタと尋常じゃない音が。

ふりむくと、ダイニングテーブルの下にレイが横向きに倒れたまま、激しく走っているように、
手足を動かし、頭をのけぞらせている!
あ、てんかん発作だ!と、パニックになりつつも、イスを脇に除けて、寄り添うことしかできない。

冷静になんなきゃ。どうしよう。と、頭の中は忙しく行ったり来たり。
ものすごく長い時間に感じたけれど、たぶん2〜3分くらいだったのかな。

落ち着いたら、いつものレイレイに。
なんだか、とっても不安だったんだろうな。アタシに飛びつく、飛びつく。

水を多めに飲んで、気持ち悪くなったのか吐いたけど、30分ほどして朝ご飯をあげたら、
普通にぺろりと完食。今は、いつものようにすやすやと寝ております。

いやーーー。マジで焦った。
初めてのことなので、今病院に行ったところで、どうしようもないらしい。(ネット調べ)
次の発作が出たら、病院だな。来週別件で行くので、先生に相談してみようと思います。

ワン友のコタローやジュンも何度か発作を起こしたらしいけれど、今は落ち着いているみたいだし。
ここは冷静に要観察。いやしかし、心臓バクバクだった。焦ったーーー。

超健康優良児で、やんちゃで甘えたでややこしいレイ君。
じゃにすはともかく、マナも2歳くらいまでは、やれ耳だ、目だ、下痢だと、ちょこちょこと病院のお世話になっていたけれど、レイはそんなこともほとんどなく来たからなー。
ま、基本、デリケートな子なので、注意してあげなきゃと、改めて思いました。

いやしかし、しつこいけれど、焦りました。はい。
e0048566_11142595.jpg


どうか、どうか、繰り返しませんように。
# by jani-mana | 2013-03-24 11:25